フェラーリ 458チャレンジ 発表

フェラーリは14日、イタリア・マラネロで458チャレンジを公開。
458チャレンジは、「458イタリア」をベースに開発されたレース専用車。従来の「F430チャレンジ」の後継車にあたり、2011年シーズンからワンメークレース、「フェラーリチャレンジ」に実戦投入される。

画像

458イタリアの、直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンに変更はない。最大出力は570ps/9000rpmを発生する。変更を加えたのは、デュアルクラッチF1トランスミッションのギアレシオ。さらに、フェラーリのレース専用車として初めて、電子制御ディファレンシャルの「Eデフ」を装備している。

軽量化にも取り組み、ボディパネルの薄厚化を図るとともに、カーボンファイバーやポリカーボネートを積極的に採用。サスペンションにはアルミ製ブッシュ、強化スプリング、シングルレートダンパーを組み込んでおり、車高は30mmローダウン。タイヤはピレリ製19インチスリックを履く。ブレーキは「599XX」にも導入されたブレンボ製の最新カーボンセラミック「CCM2」。

また、歴代フェラーリチャレンジモデルとして、初めて「F1トラック」を装備。これは、タイヤのグリップレベルを常時モニターし、路面がウェットかドライかによって、最高のトラクションが得られるようにするシステムだ。F1トラックはEデフと統合制御され、コーナー立ち上がりで最高の加速性能を実現する。

F1トラックやEデフの設定は、ステアリングホイール上のスイッチで切り替え可能。ドライコンディションなら、F1トラックのスイッチをオフにすることもできる。フェラーリによると、フィオラノのテストコースでのラップタイムは1分16秒5と、F430チャレンジを2秒上回るという。

458チャレンジがデビューする2011年のフェラーリチャレンジは、「フェラーリ・チャレンジ・トロフェオ・ピレリ」の名を冠する。新たに、アジアパシフィックシリーズも開催される予定。

1日ワンクリックにご協力お願いします。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ

人気ブログランキングへ



フジミ 1/24 【自動車 プラモデル】 フェラーリ F430チャレンジ
ホビープラザ ビッグマン
フェラーリ F430チャレンジ ★実車説明★フェラーリ・チャレンジ・シリーズ用のモデルとして2005

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのトラックバック